本当に大丈夫?正しい機械式時計の保管方法とは?

磁気があるところは禁物

少しでも長持ちさせるためには、普段からのお手入れが欠かせません。しかし、使用していない時に、どこに保管するのかによっても機械式時計の寿命に大きく影響を及ぼします。
中でも磁気を帯びているものの側に放置するのは避けておきたいです。少し時間が狂う程度で済めば良いですが、下手をすると専門の業者に磁気を取り除いてもらわないと使えなくなることも珍しくないです。具体的にはテレビやパソコンなどの近くです。他にもスマートフォンや、スピーカーはメーカーによっては電源を入れたのと同時に強い磁気を発生するものもあるので注意が必要です。
帰宅後に機械式時計を腕から外し、何気なく置いた拍子に磁気を帯びた商品に触れることはよくあります。そのためあらかじめ機械式時計を保管する場所を決めておくと良いです。

他にも避けておきたい場所とは

磁気の他にも機械式時計の保管場所に向いていないのは、高温多湿になるところです。急激に温度が上がってしまうと、機械式時計に使われている部品が変形することがあるのです。加えて湿度が高いと内部に水滴が溜まってしまい、カビが生える可能性もゼロではありません。
ただし、湿気が駄目だからという理由で、機械式時計を入れるケースの中に乾燥剤を入れてしまう場合があります。実は機械式時計というのは乾燥し過ぎるのも良くないと言われています。歯車がスムーズに動くように潤滑油が使用されていて、これらが乾いてしまったり、変質してしまったりするからです。
直射日光が当たらず、それでいて適度に湿度が保たれた場所に保管しましょう。

腕時計業界では知らない人はいないであろう世界ナンバーワンメーカーのパテックフィリップはなぜ世界一なのか考えたことはありますか?その理由は世界一妥協しない商品のみ世に送るからです。