手元のおしゃれに欠かせません。機械式腕時計

独特の雰囲気を持つ機械式時計

手元を飾る腕時計。腕時計としての機能だけではなく手元のおしゃれとしても欠かせないアイテムです。腕時計は大きく、ぜんまいを巻き上げて動く機械式時計と電池で動くクォーツ式の2つに分けられます。機械式時計は昔ながらの時計でその歴史は数百年にも及び、おしゃれな雰囲気と高級感で長年親しまれてきました。

ファッションとしての機械式腕時計

機械式腕時計は伝統ある高級腕時計メーカーで多く作られていますが、昔のフォルムを残しつつデザイン性は日々進歩しておりファッションに取り入れやすいものになっています。職人の手作業で丁寧に作られるものが多いので、どうしても量産できず高価な物になってしまう機械式腕時計。高級ブランドのものはその時計を付けているだけで、その人のステータスを高めてくれるという効果もあります。ぜんまいが巻かれるとカチカチと静かに時を刻む姿には重厚感があり、付けているだけで良い気分にさせてくれます。また、ベルトにも注目です。革製のベルトではカジュアルでおしゃれな雰囲気、金属製のベルトではきちんとした印象を与えてくれます。

機械式腕時計を長く楽しむには

クォーツ式と違い比較的寿命の長い機械式時計ですが、日々のお手入れやメンテナンスを怠ると壊れて動かなくなってしまいます。おおよそ3~5年に一度はオーバーホールをして時計内部の点検とオイル差しなどをしてもらいましょう。また毎日のお手入れとして使った後、専用のクロスで拭いてきれいにしておくことも重要です。こまめなお手入れと定期的なメンテナンスで機械式腕時計を長く楽しみましょう。

ウブロの特徴は丸型の時計盤をビスで打ちとめているところです。このスタイルで世界中のセレブの間に瞬く間に広がりました。